うちの寝子
http://leonene.blog110.fc2.com/

ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES |

プロフィール

sumin

Author:sumin
レオ ♂ 雑種

ネネ ♀ 雑種

シロ ♂ 雑種

お宝画像

 ヤッターニャン!
 
 お座敷猫
 
 猫音楽隊
 
  Nyalympic2008
 
 → 猫と車と落とし噺へgo!

photoback

Chats de Noel

PAPILLONS ET CHATS

最近のコメント
月別アーカイブ

リンク
カテゴリー
FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Thanks!
furaha journalのyunkさんのお宅へ2泊3日で遊びに行ってきた

2泊もお世話になるのにフラハ君に嫌われたらどうしよう・・・
ドキドキしながらご挨拶

しばらく手の匂いをクンクンしていたフラハ君

どっかで嗅いだ匂いだな~っといった感じでしばらく考えこんでたみたいだけど
すぐに仲良くしてくれた
[READ MORE...]
スポンサーサイト

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

フランス旅行(後編)
当初滞在中の移動手段はバスをメインで計画していた
カルネ(回数券)とカルトオランジュ(1週間の定期券)のどちらにするかは現地で決めようと思っていたが パリ到着後母がやっぱりタクシーで移動しようというのでそうすることにした
ちなみにカルトオランジュは証明写真が必要ですのでご注意を

がやはりタクシー代は高い その上運転は驚くほど乱暴だ
急発進急停車はあたりまえ逆走だってなんでもありだ
多分これはタクシー運転手に限ったことではないかもしれない
パリを走る運転手の大半がいったもん勝ちみたいな勢いで走っている

手持ちの現金も底をつきそうなので4日目からカルネ(回数券)を購入しバスを利用していた
日本でバスやメトロの路線図を用意していくと大変便利
RATPのホームページ→http://www.ratp.fr/

最も利用した路線
2007.10.16


ホテル近くのメトロで購入したカルネ(回数券) 写真は3枚枚だが本当は10枚セット
2007.10.16-2


5日目 クリニャンクールの蚤の市へ
21番のバスでLuxembourgまで行き85番のバスに乗換えようと思っていたのに10分待っても85番のバスが来ない
まさかね~と思ってバス停の時刻表を見ると日曜日は休みとなっていた
しかたがないのでまた21番のバスに乗りとりあえずオペラへ
バスで行く気満々だったのでメトロの乗換えを持ってでるのを忘れてしまい駅の案内所でクリニャンクールまでの乗換えをたずねた

メトロ3番Opera→Reaumur-Sebastopol乗換え4番→Porte de Clignancourt(終点)

多分蚤の市へ行くと思われる人の波にのり到着
2007.10.16-3

ガイドブックやネットで蚤の市付近での注意事項が多数掲載されていたが
やはり大袈裟ではないと思う 駅から蚤の市へ入る間は危険が一杯だ
この写真で見るように蚤の市内はヨーロッパ人ばかりだがここから一歩でも外へでると(多分)アフリカ系の人達が露店を開いて衣類等を売っている かなり怖かった
2007.10.16-4

蚤の市とはいってもかなりの高級品が多数おいてあり値段をみて驚いた
また違うブロックへ行くと本当のガラクタばかりで笑えた

入口の案内版 ブロックごとに販売しているものが違う
2007.10.16-5


バス通りに面するカフェで昼食 めちゃ旨だった
2007.10.16-6


シャッターが下りてる店も多かった
2007.10.16-7

掘り出しものを探そうとはりきって来てはみたが高すぎて手が出ないのでサンルイ島へ移動することにした
蚤の市から駅迄はなるべく家族連れの観光客にくっつきながら移動
無事メトロへ乗れたと思ったのもつかの間車内で喧嘩勃発
観光客は移動しないが現地在住と思われる人々は続々移動を始めたので
これはやばいと私達も後に続いた

メトロ4番Porte de Clignancourt(終点)→Chatelet バス67番→サンルイ島と思っていたが
バス停で時刻表を見るとまたまた休み 観光地が休むなよ~と思いつつ徒歩で移動することに

まずはセーヌ川を見ながらシテ島へ
2007.10.16-8


シテ島で見かけた植木市
2007.10.16-9


なんで植木市に鳥かご?
2007.10.16-10


見ても買えないので中には入らなかったが中は相当綺麗だと思う
2007.10.16-11


ノートルダム寺院 今回はあまりいい写真が無かったので2005年の写真を使用
2007.10.16-12


ノートルダム寺院内部
2007.10.16-13


ノートルダム寺院を出てサンルイ島へ向かう
2007.10.16-14


ノートルダム寺院裏側 裏側は公園になっていてしばらくここで休憩
2007.10.16-15

この公園の前がサンルイ島へ渡る橋になっている
サンルイ島ではカフェでお茶を飲みお土産のチョコレートを購入した
小さな島なのであっという間に一周できてしまいふたたびシテ島へ戻ることに

シテ島の街並み1
2007.10.16-16


シテ島の街並み2
2007.10.16-17

現金が底をついたのでシテ島で両替
夕食を何処で食べるか迷ったが3日目に行った蕎麦屋へ行くことにし
21番のバスへ乗り移動

調子が良くなってきたのでカツ丼を頂く
2007.10.16-18

再び21番のバスへ乗り移動 ホテルへ戻りこの日は終了


6日目 帰国の日
朝食をとり早々に帰国の準備をすませホテルをチェックアウト
夕方まで荷物をホテルに預けてまずはルーブル美術館へ
もう最後かもしれないのであまり興味がない場所もじっくり見ておくことに
2007.10.16-19


昨日の日曜日は無料開放日だったのでこの日は客が少なかった
2007.10.16-20


この日だったな階段で足を踏み外したのは
2007.10.16-21


昼食を食べに再びとらやさんへ
この日はサンドイッチにしてみた
2007.10.16-22

あとは土産をひたすら買うのみ
日本にもチョコレートあるのに。。。と思いつつも大量に購入

母はクリニャンクールで綺麗で安い香水瓶を探していたのだが
偶然薬局のショーウィンドウで発見できた
あれもこれもと選ぶので包装する店員さんがあたふたしていた

ホテルから空港へはエアシティサービスを予約しておいたので
迎えの時間前にバスでホテルへ戻る

予定の時間より15分程送れて車が到着 既に1人女性客が乗っていた
ホテルを出発後もう1人客を拾い空港へ

シャルルドゴール空港の長いエスカレーター
2007.10.16-23


帰りの座席は真中4列シートだったのでトイレの心配無し快適な空の旅だった
2007.10.16-24


残金
2007.10.16-25

今回利用したサイト

●現地情報収集
フランス・ツーリズ旅行情報局→http://france-tourisme.net/index-paris.htm

●パリミュージアムパス購入・エアシティサービス予約
パリ観光㈱→http://paris-kanko.com






ランキング参加中
ポチッと押してね




テーマ:フランス - ジャンル:旅行

フランス旅行(中編)
3日目はモネの庭半日ツワーを予約していたがどうにも体調が戻らない
でも母はこの現地ツアーを1番楽しみにしていたし。。。
とりあえず朝食をとりマイバス社まで行ってみることにした

病院でもらった食事の注意には暖かいブイヨン等を飲むようにとか書いてあったけど
朝食はこんな感じ まるで猿だな
2007.10.15


マイバス社へ到着してもやはり体調は思わしくない
バスに乗ってる間もトイレの不安があるし 到着後に昨日みたいに歩くようでは多分ついていけないので母には申し訳なかったがキャンセルすることにした

マイバス社のカウンターの隣がカード会社のカウンターだったのでついでに夕食の予約もキャンセルしてもらうことにした

この日は3ツ星レストランのルドワイヤンに行く予定だったが 昨晩のタイユバンのことを思うと多分私達の口には合わないだろということで こちらは迷わずキャンセルすることにした

かわりに日本食のお店マップを頂いた

しかしせっかくタクシーに乗ってここまで来たんだからということで
美術館を見て帰ることにした
本当はオランジュリー美術館へ行きたかったが午後からしか開いていないというので まずはルーブル美術館へ

パリミュージアムパスを日本で購入してきたので並ばず入れる
2007.10.15-2


ルーブル美術館1 
2007.10.15-3


ルーブル美術館2 母が土産を購入中売店前のベンチで休憩
2007.10.15-4


ルーブルで時間をつぶし先程頂いた日本食のお店に移動
何件かまとまってあったけどなにしろ私は胃腸炎 蕎麦屋へ入りうどんを食べた 食べ終わった後は近くの弁当屋で夕食(おにぎり等)を購入しいざオランジュリー美術館へ

チュイルリー公園
2007.10.15-5


コンコルド広場から撮影の凱旋門 かなり小さい
2007.10.15-6


コンコルド広場から撮影のエッフェル塔 こちらも小さっ!
2007.10.15-7


オランジュリー美術館の裏側
2007.10.15-8


オランジュリー美術館は入場制限をしているのでパリミュージアムパスでも入れるのだが30分以上並ぶ

モネの「睡蓮」8枚連作
2007.10.15-9


この美術館はこれを飾る為に設計されているそうだ
2007.10.15-10


入場制限のおかげで写真も撮りやすい
2007.10.15-11


その他の展示作品のスペース
2007.10.15-12


この日はここで終了タクシーに乗ってホテルへ

4日目 この日はオペラガルニエでバレーを見る日
まずはチケットの引換券をもってチケット販売所へ
貰っていた店の外観写真と実際の外観が違っていたので見つけるのにかなり苦戦したが 道行く人々に聞きまくりなんとか到着 フランス人はかなり観光客に親切だ

チケットを交換しギャラリーラファイエットなどその辺をブラブラ

昼食はやっぱり和食 とらやさんへ
山菜おこわランチセット
2007.10.15-13

セットのかしわ餅
2007.10.15-14


一旦ホテルへ戻り着替えてタクシーでオペラガルニエへ

バレエのチケット 演目はシンデレラ
2007.10.15-15


想像以上にゴージャスでただキョロキョロするばかり
2007.10.15-16


天井のシャガール
2007.10.15-17


見るもの全てが金きら
2007.10.15-18


日本では絶対バレエは見に行かないよな~
2007.10.15-19

チケットは手数料を含めるとかなり高かったが
オペラガルニエに入るだけでも十分価値があったと思う
しかしなにしろこの中はむせかえるような香水地獄なので
しばらくは鼻を押えていなければいられなかった
香水が苦手という男性を連れて行くのは考えたほうが良さそうだ

後編へ続く






ランキング参加中
ポチッと押してね






テーマ:フランス - ジャンル:旅行

フランス旅行(前編)
今年のゴールデンウィークに母とフランスへ行ってきた
2005年にもやはり2人で行ってきたのだが添乗員付きの完全ツアーだったので自由時間も少なく値段の割にグレードも驚く程低くなんかな~という感じだったので今回はそのリベンジ旅行だった
航空券とホテルのみで終日フリーのツアーを選び現地ツアーを2つ申し込んでおいた

AM8:00成田空港到着 朝からお腹の具合がよろしくないが朝食をとる
2007.10.14


1ユーロ167円とやけに高かった たしか前回は143円位だったのに
2007.10.14-2


座席は窓際3列側の窓際席と真中席で最悪だった
トイレは通路側席の人に謝りながら行かねばならないので水分は控え目にしなくてはいけない

といいつつ何故コーラなんて飲んでるんだ私
2007.10.14-3


機内食1 和食が終了したためこれしかなかった パンだけ食べた
2007.10.14-4


翼をよく見ると薄くてブルブル震えている こんなんでよく飛ぶもんだと感心した
2007.10.14-5


機内食2 2回目も和食が終了したためこれしかなかった パンとペンネを少々食べた2007.10.14-6


シャルルドゴール空港に到着すると迎えの運転手が名札を片手に待っていてくれた 運転手さんは陽気でフランス語が話せないという私達にむかい終始フランス語で話し続けた 成田空港で両替する際両替機を使ったため小銭がなかったので仕方なくこの運転手さんにチップを5ユーロも払ってしまった(5ユーロ×167円=835円)

ホテルのカードキー
2007.10.14-7


結構小奇麗な部屋だった
2007.10.14-8


一刻も早くチップ用の小銭を作らなねばとホテルをでる
近くのパン屋でピザとビールを買いこの日は終了

2日目はベルサイユ宮殿とトリアノン1日観光
ホテルで朝食を済ませマイバス社へ集合しバスで現地へ

ベルサイユ宮殿入口 ゴールデンウィークということもあり日本人も多い
2007.10.14-9


外観1 想像以上にでかい
2007.10.14-10


外観2 一部工事中の場所も
2007.10.14-11


内部は大体こんな感じの家具が展示されている
2007.10.14-12


鏡の間 この部屋が一番有名らしい
2007.10.14-13


庭1 見える限りベルサイユ宮殿の庭
2007.10.14-14


庭2 気持ちいいくらい左右対称 しかし広すぎる
2007.10.14-15


昼食はフロチーユというレストランで食べた
2007.10.14-16


魚をパイ生地みたいなもので包んでいる 味は薄味
2007.10.14-17


デザートのアップルケーキ
2007.10.14-18


次の目的地トリアノン宮殿までひたすら歩く
2007.10.14-19


グラン・トリアノン到着
2007.10.14-20


内部はこんな感じ
2007.10.14-21

グラン・トリアノンを見学したあとプチ・トリアノンを見てマリーアントワネットの田舎家へ向かう 本当にひたすら歩き続ける

田舎家到着 ディズニーランドのアトラクションみたいな感じだろうか
2007.10.14-22


なんか最近作ったみたいに見えるけど
2007.10.14-23


マリーアントワネットもこれを見てたのか~
2007.10.14-24


帰りはまた同じくらいひたすら歩いた
迎えのバスがかなり遅れるという連絡が入りトイレ配分が狂う
ガイドに近くにあるトイレはどこかと尋ねると今来た道を戻るしかないと言われ母と2人でかなり迷ったが帰り道渋滞するかもしれないので念のため行くことにした
日頃の運動不足がたたり既にここで体力の限界を迎える

マイバス社に到着後解散すぐタクシーでホテルへ帰る
夕食は三ツ星レストランのタイユバンを予約してあるので急いで着替えてまた出発

タイユバンに到着すると入口に一番近い席に通される
観光客は一番悪い席に通されるとネットに書いてあったので想定内

(なんかこの辺からだんだん体調が悪くなってきた)

席に着くと日本語メニューを頼み注文をすませる
よせばいいのに食前酒のワインに口をつけてしまった

(ほんのひとなめしただけなのに。。。)

前菜でトマトとピーマンのピューレというものがでてきたがなんともいえないビミョーな味

(かなりのマナー違反だがここで1回トイレにたった)

次になんかでたがもう覚えてないな
メインに頼んであったオマールエビを1口食べてもう撃沈

(全然旨くないうえもう気分が悪すぎてちゃんと座ってられない)

食べ終わる前にタクシーを呼んでもらいすぐホテルへ戻る
せっかくの3ツ星レストランだったが30分位しか居なかった
その時の領収書(314ユーロ×167円=52,438円)
2007.10.14-25

私は結局3口位しか食べてないのにありえない位高かった
三ツ星レストランの味は私のような庶民の口には合わないみたいだ
母が頼んだメインのヒラメは結構おいしかったらしいが

タクシーの中で私の具合はどんどん悪くなり指先が痺れてきた
母が絶対に病院に行ってくれと聞かないのでAIU保険のコールセンターに電話をしてどこの病院へ行けばいいか聞いてみる
ちなみに宿泊しているホテルの裏は国立病院
それなのにタクシーで30分かかる指定病院へ行けと言われた

さすがに指定病院だけあって電話で通訳もしてくれて意外とすんなり診察は終わったお金も払わなくてもいい

病院でもらった診断書 病名は急性胃腸炎
2007.10.14-26

薬を受け取りホテルへ戻る
ロビーではおでこに冷えぴたを貼って歩く私は注目の的だった

これは昨晩の写真 旅行中の領収書の整理につきあってくれた
2007.10.14-27

現地ツアーベルサイユ宮殿とトリアノン1日観光を計画中の方はかなり体力をつかうのでご注意を。。。

後半へ続く 中編へ続く






ランキング参加中
ポチッと押してね






テーマ:フランス - ジャンル:旅行

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

参加ランキング

 
 
 にほんブログ村 猫ブログへ

ブログ内検索

QRコード

QRコード

Shop

 

準備中

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。